入学者選抜情報
社会をデザインする

生き方を提案する

ホーム > 生き方を提案する

WAY OF LIFE

生き方を提案するとは
いつからか日本は〝自己責任〟という言葉が多く語られるようになりました。貧困も虐待も自己責任。本当にそうでしょうか。問題を他人ごとにせず、
「自分だったらどうか」と引き寄せて考える。ひとりひとりの問題に寄り添い、理解しようと努めることで、より良い社会が実現すると思いませんか。
そんな社会を担うあなたがどう生きるのか、一緒に考えましょう。

ソーシャルワーク・支援

「仕方ない」ではなく、
自分が何をするかを考えたい
ISHIKAWA TOKIKO
石川 時子
担当科目
社会福祉学概論、ソーシャルワーク演習、ソーシャルワークの理論と方法 他
今、もっとも関心がある研究テーマは?
「社会福祉のシステム」と「人を支援する側の価値観」を繋ぐ
社会福祉学を選ぶ学生さんは、そもそも「人の役に立ちたい」という思いを持っている人が多いように思います。最初は「資格を取りたい」だけだった人も、実習に行き、長期の演習カリキュラムを行う中で「その人の気持ちを考える」ことを体験して、どんどん変わっていきます。社会福祉の仕事は、まさに自分が役に立っていると体感できる恵まれた仕事だと思っています。私自身は大学を卒業後、一時期、行政の仕事を経験しました。社会福祉は、個人の気持ちに寄り添う、自己決定を中心とした支援が重要な価値に掲げられていますが、一方で、公権力に則った強制的な措置や介入を行うことも大きな役割として位置付けられています。人の支援をすることが強制的な介入も伴うという、すごく両極端なことをやっているジレンマを現場では経験します。その経験から「社会福祉のシステム」と「ソーシャルワーカーの価値観」をつなげていく研究をしています。
もっと見る
その研究における醍醐味や、やりがいは?
ひとりひとりの問題を支援する
私の場合は文献をひも解いて、歴史的なことから現代まで、いろんな論者の意見を整理して分類する「言説分析」という研究スタイルです。社会福祉は、介護保険のように、多くの人にとって重要なことを制度化してきましたが、いったん制度化されると、その制度の中でしか動けないという側面が大きいのです。しかし、シングルマザーを例にとると「離婚したのは自己責任でしょ」という論調で、いくら生活が困窮していても、子どもが何人いても、中には育てにくい子がいても救済されない状況が長く続いています。しかし、制度や政策がカバーしないのは、問題を認識するわれわれの意識にも責任がある。何となくおかしいと思っていても「仕方ない」で済ませてきてしまったことを認識して、支援する必要がある、と気づいてもらえるような研究をしたいと思っています。また社会福祉は、制度も実践現場も、どうしても権力性をぬぐえないところがあり、自分がジレンマを感じながらも支配的に関わってしまったり、利用者さんにも我慢を重ねてさせてしまったりします。そういうことを「仕方ない」ではなく、明確に認識して、なくすのにはどうしたらいいのかを見いだし、現場に還元できる言語化をしていきたいと思っています。
もっと見る
ご自身の研究領域で、どのように社会をデザインしますか?
誰かを助けることで、社会を変えられる
「ひとりひとりを大切に」というのは、社会福祉を学ぶ中で何度も出てくる理念です。ところが実践について日々、多くの相談を受けると、「また同じような相談か」と、さばくような仕事になってしまう人がたくさんいるんです。学生さんたちには「相手の気持ちをどう理解するか」ということを繰り返し沁みこませて自分の体幹にしてもらいたいですね。制度の不備をあげて「社会が悪い」と傍観者にならず「問題を問題だと思う」で終わらせることなく、「私に何ができるか」を考えるのが社会福祉だと私は思います。「こうであったらいいな」を行動してほしい。仕方ないとあきらめるのではなくて、自分で解決できる人になってほしい。ひとりひとりの事例にベストを尽くすと地域が変わり、社会全体が必ず変わっていくと思っています。社会福祉の仕事は大変で苦しいこともあるけど、そのぶんやりがいも大きい。誰かを助けることで「社会を変えられるかもしれないよ」と伝えたいですね。
もっと見る

貧困問題と多文化

⽣活や福祉を向上させるためには、
制度をきちんと知ることが⼤事
NISHIMURA TAKANAO
西村 貴直
担当科目
社会保障総論、公的扶助論、国際福祉援助 他
今、もっとも関心がある研究テーマは?
貧困に対する人びとの見方を理解すること
貧困問題に対する制度や政策がどのような考え⽅のもとでできあがってきたのか、その背景や社会関係を明らかにすることです。⼤学院⽣だった1990年代末から2000年代初めに、当時のアメリカやイギリスで貧困者を強く敵視する社会的傾向が⽣じてきたことを知り、その理由を探ることが研究のきっかけになりました。やがて⽇本でも「格差社会」という言葉が注目されるようになり、以後、急激に貧困問題が深刻化していきました。⼀時期は貧困を社会問題としてちゃんと論じようという雰囲気があったように思いますが、今は逆に貧困状態にある⼈びと自身を責めるような傾向が強く、それが制度や政策のあり方に大きく影響していると感じます。貧困状態にある人もない人も、貧困に陥るのは多かれ少なかれ本⼈に問題があると考えてしまい、⽣活保護を受けることを好ましくないことだと思ってしまう。なぜそのように考えてしまうのか。その理由を探ることが研究のモチベーションになっています。
もっと見る
その研究における醍醐味や、やりがいは?
社会のしくみ⾃体に目を向ける
研究を進めるなかで、いつの時代も、どの社会にも、とくに政治や社会を動かす力をもつ側に、一部の人びとが貧困な状態におかれたままであったほうが「都合がいい」⼈たちが少なからずいる可能性を考えるようになりました。不安定な就労形態を一般化させることで不況を乗り越え、経済成長を促そうとしてきた近年の政策動向を考えればわかりやすいと思います。この社会のなかには、貧困状態にあることを強いられている人びとが確実にいて、しかし、その当事者たちは貧困状態にあることを自己責任であると思わされ、「最低限度の生活」を維持するための制度すら堂々と使えない状況におかれている。そして最も重要なのは、そのような状況を“当たり前”の前提条件として、今の政治や社会が動いていることです。貧困の当事者を責めるのではなく、⼀部の弱い⽴場の⼈たちにしわ寄せがいくような社会のしくみに目を向け、その改善が図られなければ、貧困問題の解決にはつながらないと思います。
もっと見る
ご自身の研究領域で、どのように社会をデザインしますか?
制度をきちんと知ることが⼤事
最近の社会保障をめぐる議論をみていて気になるのは、人びとを制度から「遠ざける工夫」ばかりに焦点が当てられていること、そして議論の場には制度を「利用している人びと」の声がほとんど届いていないことです。多くの人びとは「社会保障はできるだけ小さい方がよい」という考え方をいつの間にか身につけてしまっているのではないでしょうか。しかし、社会保障を構成する制度の成り立ちや機能を正しく知れば、それぞれの制度を堂々と適切に利用することこそが自分と家族の生活を守り、社会の安定に貢献するものであることがわかると思います。もちろん、既存の制度には不十分な点がたくさんありますし、時代に合わないしくみも残されていることも確かです。社会保障を日常生活を維持して福祉を向上させる手段として多くの人びとが使えるようにしていくこと、そして時代に合わせて制度のしくみを柔軟に変化させていくことが、よりよい社会をつくることにつながると考えています。
もっと見る

 

ADMISSION

入学者選抜情報
関東学院大学では、受験生一人ひとりが実力を発揮できるように、
多彩な選抜試験制度を用意しています。
下記から受験方式、日程、受験可能な学科などを絞り込んで、あなたに最適な受験方法を探してみてください。