入学者選抜情報
社会をデザインする

文化を読み解く

ホーム > 文化を読み解く

CULTURE

文化を読み解くとは
文学も音楽も映像も、時代とともに文化は刻々と変化してきました。つまり文化とは社会を映し出す鏡ともいえます。
その時代を経て人間の営みはどのように変わってきたのか、また変わらなかったのか。文化を読み解くことで、あぶり出されてきた現代の問題を見つめ、
どう未来に生かしていくかを考えます。文化は今も新しく生まれ、変化し続けています。

メディア社会論

未来を予測するメディアとして
ディズニーランドに注目する
ARAI KATSUYA
新井 克弥
担当科目
メディア論、集合行動論、メディア・コンテンツ演習 他
今、もっとも関心がある研究テーマは?
ディズニーと日本社会の近未来
「ディズニーランド、なんかヘン」。その違和感に気づいたのは2000年前後のことです。’83年のオープン当時、僕は東京ディズニーランドがある千葉県浦安市に住んでいました。子どものころからディズニーの絵本や映画に親しんで育ち、また開園時にはキャスト(従業員)を経験したこともあって、これまで数え切れないほど頻繁にパークを訪れてきました。最初に妙な感覚にとらわれたのはキャストをしていたとき。周囲が洗脳されたようにスッとディズニーの「設定」に入りこんでいったんです。この異様な構造をのちに突きつめると、そこにウォルト・ディズニーという、変人で説教好きの頑固オヤジがいることに気がつきました。彼のやり方は、いわば「ウォルト主義」。そこは自らの理想を完璧なまでに統一させた「世界」。いったん足を踏み入れれば誰もが魔術にかかり、世界と一体化して陶酔する仕掛けがありました。ところが’00年ごろから明らかに魔術が薄れている。その現象を読み解くうちに日本社会の近未来が見えてきたんです。
もっと見る
その研究における醍醐味や、やりがいは?
情報とメディアが与える影響
東京ディズニーランドの登場によって、その情報が統一された「魔術化」したシステムが儲かると学んだ企業が、1990年代に入ってAEONなどの大型ショッピングモールを展開。居酒屋やレストランなどもテーマパーク化していきました。その一方で、本家のディズニーランドからは肝心の「ウォルト主義」を感じることが少なくなった。とりわけ2010年以降、SNSの発達につれてパークを訪れたゲストが自由に好きなところだけを切り取って情報を発信するようになりました。また、“制服ディズニー”“おそろいコーデ”など、ディズニーの「物語」とは何の脈略もない各自の楽しみ方をするゲストがパークを闊歩し、新作のグッズを求めてコレクションするなど、ディズニーオタク=Dオタが急激にパークを席巻し始めたんです。Dオタはそれぞれに自分が見ている世界だけを愛するので、統一された「世界」は形骸化され、そのDオタにディズニーランド側が応えた結果、今やパークはディスカウントストアのドン・キホーテのような何でもありのごちゃ混ぜの殿堂に…。
もっと見る
ご自身の研究領域で、どのように社会をデザインしますか?
メディアが持つメッセージが情報化社会を変える

僕が研究している「メディア論」との関わりでお話しましょう。メディアとは「情報媒体」であり、メッセージを伝える手段のことですが、実はメディア自体がメッセージを持っていて、その合体で伝わってくるのが情報です。そしてディズニーランドも、まさに「メディアのメッセージ性」でできあがっています。たとえば、タワーオブテラーがたった3回しか落ちないのにワクワクそして絶叫するのは、乗る前にボロボロのホテルや蜘蛛の巣、壊れたエレベーターを見せられ、それらの情報に幻惑された後にライドに乗るから。心理的に操作された効果的なメッセージの伝え方なんですね。
さて、今やDオタランドと化しているディズニーランド。でも、考えてみれば、実はその細部にこだわる性質こそが日本の文化であり、日本人ならではの性格を表しているようにも思えます。今後、日本人の思考はますますオタク化し、情報も消費も、よりニッチな要望に応えて細分化していくでしょう。そんな未来社会をパークが先取りして見せているように思えませんか。

もっと見る

歴史社会学

身のまわりの「あたりまえ」の
成り立ちから現代を考える
YAZAKI CHIKA
矢﨑 千華
担当科目
歴史社会学、ナラティヴ研究法 他
今、もっとも関心がある研究テーマは?
「物語」から社会を読み解いていく
私たちは自分のことを人に伝えようとするとき、多くは「ストーリー仕立て」で話します。それは現代ではあたりまえのことですが、それではいつから私たちは自身の「物語」を語ったり、書いたりするようになったのでしょうか。古くは『源氏物語』や『竹取物語』などに「物語」の形式はありましたが、主語は「私」ではありませんでした。そのことに興味を持ったのは大学院生時代です。たまたま研究室にあった雑誌『思想の科学』のバックナンバーを開くと、そこに明治時代の「身の上相談特集」がありました。その内容は病気や夫婦のケンカ、好きな人と結婚できないことなどで、「いつの時代も悩みは同じなんだな」と思いました。けれど、何かが違う。資料を集めて気づいたのは、自分が主語ではないことでした。当時は現代文と古文の過渡期で、自身を表現する「ことば」も乏しかったように見えます。そのように「物語」から社会を読み解いていくのが私の研究です。
もっと見る
その研究における醍醐味や、やりがいは?
社会は「共同性」によって維持されている
「私の物語」が革新的に進んだのは明治30 年代後半です。小学校の授業料が無料になり、女子児童の就学率も上がり、女学校などもできて、多くの人の「読む力」「書く力」が向上しました。40 年代からは、今で言うSNSのように雑誌の流通量も急激に増加しました。その歴史にふれると、現代までの教育に感謝せずにはいられません。今、学生たちに「なんでLINE ができると思う?」と聞くと、みんな「スマホがあるから」と答えますが、「違うよ、文字が読めるからだよ」と。今ではあたりまえのことも、かつてはそうじゃなかった。「あたりまえ」は常にアップデートされるのです。昔はスマホがないだけでなく、文字を読み書きできる人自体が限られていました。つまり、LINE のような文字を介したコミュニケーションが難しいこともあったのです。「スマホがあって便利だな」の背景には、多くの人が読み書きできるようになるまでの歴史があります。このように、その歴史に「ありがとう」と感じられることが研究の醍醐味です。
もっと見る
ご自身の研究領域で、どのように社会をデザインしますか?
「私の物語」は誰かの物語とつながる

身の上相談に話を戻すと、新聞などに悩みを投稿するというのは「私の悩みは正当なのか。みんなも同じように悩んでいるのか」、つまりは「この悩みを抱えている私の存在は大丈夫なのか」という社会との交渉なんですね。それは、今のSNSと変わらないように思います。
現代は物語社会です。例えば、Twitterで考えると、180文字でありえないくらいの物語が刻一刻とリアルタイムで生産されている。その「私の物語」もどんどん増えて、他者の物語と重なるところが見えにくくなっているのかもしれません。それぞれに悩みも苦しみもあって「わかり合えるはずがない」と思っているかもしれない。けれども歴史的に見れば、私たちは共同性によってつながっている社会の成員であり、社会という物語の参加者であることがよりくっきり見えてきます。そして、この社会自体も結末の見えない物語の途中です。それぞれ全員が登場人物なので結末はわからないけれど、「私の物語」は誰かの物語とつながり、互いに作用しながらどんなストーリーを描いていくのか。一緒に考えていきましょう。

もっと見る

 

ADMISSION

入学者選抜情報
関東学院大学では、受験生一人ひとりが実力を発揮できるように、
多彩な選抜試験制度を用意しています。
下記から受験方式、日程、受験可能な学科などを絞り込んで、あなたに最適な受験方法を探してみてください。