入学者選抜情報

関東学院大学社会学部

社会をデザインする
社会をデザインする
DESIGN SOCIETY
SCROLL

NEWS

採用情報
2022.08.03
専任教員の公募について

DESIGN SOCIETY

社会をデザインする
多様な人々が「違い」によって否定されることなく、生活していくことのできる社会構築の方法が求められています。
社会学部では、いま起こっている社会問題の原因を分析し、解決していくための方法を探っていきます。
人間の多様性を理解する力は、意図的に訓練を行わなければ身につきません。
対話と相互理解を目標とするコミュニケーションのスキルを磨いていく必要があります。
社会学部では、大学4年間での教育と訓練を通じて「多様な存在である個人」を理解し、尊重することができ、
実際に社会問題を解決していく方法を考案できる実践力のある人材の育成をめざしています。

ACTIVE IN SOCIETY 社会で活躍する

関東学院大学では、社会で活躍し、自分の将来や生き方を知ることができるようにするために、キャリア形成を目的とした科目を全学で用意しています。
また、学部の特性を生かした進路・就職のサポートを充実させています。

LEARNING MAP 学びマップ

私たちは、学生のみなさんが大学時代を通じて、それぞれの目標をめざして大いに活躍することを期待すると同時に、社会に出てからも大いに成長できたと実感することを念願しています。日々の講義や課外活動、多種多様な行事に参加し、多くの友人と語らう中で、学問を中心に成長力を示して欲しいと考えています。
NAKAMURA KATSUAKI
中村 克明 ナカムラ カツアキ
教授
担当科目
図書館概論、図書館サービス概論、日本近現代史 他
所 属
社会学部現代社会学科
専門分野
図書館情報学、日本近代思想史
最終学歴
図書館情報大学大学院図書館情報学研究科修士課程修了
研究テーマ
知る権利と図書館
人権と平和
植木枝盛研究
研究活動
「憲法第9条の発案者について〜幣原喜重郎の“真意”をとおして〜」(単著 関東学院大学人文学会紀要’21)
「日本憲法見込案に関する考察〜立志社憲法案における人権保障と防衛構想〜」(単著 関東学院大学人文学会紀要’20)
『情報サービス論〜情報と人びとをつなぐ図書館員の専門性〜』(共著 ミネルヴァ書房’18)
『日本国国憲案の研究〜植木枝盛憲法案における軍事と人権〜』(単著 関東学院大学出版会’17)
e-mail
nakamu88@kanto-gakuin.ac.jp
メッセージ
何事にも目的意識を持ってぶつかっていってください。何となく大学に入って,4年経ったから卒業するのでは全く意味はありません。あまり苦労したくない,楽をして何とかしたいと思っていたら大間違いです。目的を持った人間と持たない人間では,その結果は自ずと明らかです。うまくいかなかったからといって,他人のせいにしてはいけません。どうか人生の目標を設定し,失敗を怖れず積極的にチャレンジしていってください。
閉じる
FUJINAMI KAI
藤浪 海 フジナミ カイ
専任講師
担当科目
アジアの社会、地域の社会計画、地域社会の質的研究 他
所 属
社会学部現代社会学科
専門分野
地域社会学、国際社会学、移民・エスニシティ研究
最終学歴
一橋大学大学院社会学研究科総合社会科学専攻博士後期課程修了 / 博士(社会学)
研究テーマ
グローバル化社会におけるエスニシティの変容、移民の越境的ネットワーク
研究活動
「『世界のウチナーンチュ』と越境的ネットワーク〜沖縄県の政策に着目して」(単著 移民政策研究’22)
『沖縄ディアスポラ・ネットワーク〜グローバル化のなかで邂逅を果たすウチナーンチュ』(単著 明石書店’20)
「沖縄系住民をめぐる民族関係の再編成と都市政〜横浜市鶴見区の植民地主義・新自由主義的文脈に着目して」(単著 年報社会学論集’19)
「ブラジル系移民コミュニティと第二世代男性の進路選択〜横浜市鶴見区の学習教室の事例から」(単著 移民政策研究’17)
メッセージ
これからの社会を担う市民として、「共に生きる社会」を考える
 社会のなかには、じつに様々な立場におかれた人々が暮らしています。これからの社会を担う市民として、皆さんには共に生きる他者、とりわけ社会的に弱い立場におかれた人々に敏感であってほしいと思います。人々はそれぞれどのような困難を抱え、その背景にいかなる社会の構造があるのか。そしてこれからの社会はどうあるべきなのか――。
 「他者を理解する」という営みは、それ自体、構造的に暴力的な側面を抱えています。しかしそれでも、多様な背景をもつ他者の生きる世界を理解することは市民として欠かせないことです。皆さんにはぜひそのような視点をもち社会を考え、「共に生きる社会」を構想する力を養っていってほしいと思います。
閉じる
MASAYUKI FUJINE
藤根 雅之 フジネ マサユキ
准教授
担当科目
社会調査の基礎、教育と社会、学校と教育問題 他
所 属
社会学部現代社会学科
専門分野
教育社会学
最終学歴
大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程 博士(人間科学)
研究テーマ
オルタナティブ教育,フリースクール
研究活動
「「教育の公共性」論の再検討〜差異の抑圧と排除,矛盾・価値対立の鎮圧」(単著 大阪大学大学院人間科学研究科紀要47’21)
「オルタナティブスクールの連携の技法〜傘となる集合行為フレームの創発過程」(単著 教育社会学研究104’ 19)
「オルタナティブスクールの組織間ネットワークと市民的公共性」(単著 社会教育学研究51(2)’ 15)
e-mail
fujine@kanto-gakuin.ac.jp
メッセージ
大学での学びは自分で「問い」を見つける必要がある,などと言われることがおそらくあります。しかし,いきなり「問い」を立てろと言われても難しいと感じないでしょうか。「問い」とは何も大それたものである必要はありません。とても些細なものでも,「そんなこと考えてなんの意味があるの?」と言われそうなものでもいいでしょう。生きているとなかなか「問う」という時間や余裕はもてないものです。そんな中で少しでもいいので,「問い」を探すことを意識してみませんか。
閉じる
HOSODA SATOSHI
細田 聡 ホソダ サトシ
教授
担当科目
心理学、社会心理学、リスクと社会、教育心理学 他
所 属
社会学部現代社会学科
専門分野
認知心理学、産業心理学
最終学歴
北海道大学大学院文学研究科行動科学専攻博士後期課程 / 博士(行動科学)
研究テーマ
ヒューマンエラー発生メカニズムの解明
研究活動
『よりよい仕事のための心理学〜安全で効率的な作業と心身の健康』(共著、北大路書房’19)
『ヒューマンエラーの理論と対策』(共著、エヌ・ティー・エス’18)
『産業・組織心理学』(共著、白桃書房’17)
『心理学から考えるヒューマンファクターズ〜安全で快適な新時代へ』(共著、有斐閣’13)
e-mail
shosoda@kanto-gakuin.ac.jp
メッセージ
自由に考えてみよう!
大学という環境は高校までとは大きく異なります。その一つは自由であるということでしょう。自分自身で考え、判断し、行動することができるという自由です。実はこれはとても難しいことです。大学には、「自由に考える」時間があります。これまで自分が正しいと思ってきたことに疑いをもってみましょう。意外にも正しいと思っていたことが違っていることに気づくかもしれません。意見交換ができることを楽しみにしています。
閉じる
SHIBUYA MASASHI
澁谷 昌史 シブヤ マサシ
教授 
担当科目
子ども家庭福祉論、子ども虐待防止論、 スクールソーシャルワーク論、ソーシャルワーク演習
所 属
社会学部現代社会学科
専門分野
子ども家庭福祉論、ソーシャルワーク論
最終学歴
上智大学大学院文学研究科社会学専攻社会福祉コース博士前期課程修了 修士(社会福祉学)
研究テーマ
家族支援の制度と方法、学校を基盤としたソーシャルワーク
研究活動
『家庭養護のしくみと権利擁護』(共著 明石書店’21)
「『SSWスタンダード学習会』継続参加者による『スタンダード』活用の方法,意義と効果〜スクールソーシャルワーカーへのインタビューより〜」(共著 社会福祉学’21)
「学校・学区を単位とした子ども・子育て支援の実施状況〜全国市町村調査結果を踏まえて〜」(単著 厚生の指標’20)
「<放課後児童クラブ―小学校>間連携の現状と課題〜学校が参加する地域包括支援の開口部を探る」(単著 関東学院大学人文学会紀要’19)
e-mail
user2112@kanto-gakuin.ac.jp
メッセージ
大学生のときにしかできないことが、たくさんあると思います。社会人として働くようになると、「大学時代にやっておけば・・・」と後悔することが、多かれ少なかれ出てくるものです。大学に籍を置いて、豊富な時間、何でも話せる友人、自分の関心事に応えてくれる教員などを手に入れ、やりたいことを積極的にやってみてください。
閉じる
NISHIMURA TAKANAO
西村 貴直 ニシムラ タカナオ
教授
担当科目
社会保障論Ⅰ,Ⅱ、公的扶助論、社会福祉政策論 他
所 属
社会学部現代社会学科
専門分野
貧困問題、公的扶助制度
最終学歴
東京都立大学大学院社会科学研究科社会福祉学専攻博士後期課程 / 博士(社会福祉学)
研究テーマ
貧困問題に対する理論研究
研究活動
「フィリピンにおける高齢化の現状と社会的保護プログラム」(単著『関東学院大学人文学会紀要第143号』’20)
「「子どもの貧困」問題の再検討」(単著『関東学院大学人文学会紀要第135号』’16)
「貧困の政治における〈他者化〉~概念とプロセス~」(単著『関東学院大学人文学会紀要第132号』’15)
『貧困をどのように捉えるか〜H・ガンズの貧困論』(単著 春風社’13)
e-mail
takanao@kanto-gakuin.ac.jp
メッセージ
私が主な研究対象としている「貧困」とは、生きるために必要とされる様々な「モノ」が、恒常的に不足・欠乏し、生活に困窮した状態のことをいいます。現代社会においては、必要な「モノ」は、お金を払って購入することが一般的であるので、貧困を、まずは「お金がない」状態として理解することもできます。だから貧困についての研究は、わたしたちが暮らすこの社会の中に、なぜ必要な「モノ」を買う「お金」がない人が生み出されてしまうのかについて考えることから始まります。そして、貧困におかれた状態が長期にわたった場合、その状態にある人々にとっては、不安定な健康状態や精神的ストレス、生活習慣の解体、あるいは十分な教育が受けられない等、様々な生活問題をひきおこすことがあります。貧困についての研究は、生活に困窮した人々が様々なかたちで直面する苛酷な状況に焦点を当て、どのようにすればその状況は改善されうるのかを問い直す作業であるという側面を必然的にもつことになります。
 貧困という「問題」へのアプローチの仕方には様々なものがあると思いますが、とりわけ私が興味を持って考えているのは、先進国の一員として「豊か」になったはずのわが国において、しかも誰もがそれを「解決すべき」とか「なくなってほしい」と考えている(はずである)にも関わらず、なぜいまだに貧困が存在し続けているのか、ということです。このことについては、ぜひみなさんとも一緒に考えていきたいと思っています。
閉じる
INOUE AYAKA
井上 彩夏 イノウエ アヤカ
助手
担当科目
ソーシャルワーク実習Ⅰ・Ⅱ(巡回指導)
所 属
社会学部現代社会学科
最終学歴
関東学院大学文学部
研究テーマ
知的障害者、ろう者、盲ろう者のコミュニケーションについて
(社会福祉士 精神保健福祉士 福祉用具専門相談員 手話通訳)
メッセージ
福祉関係のことは社会福祉実習準備室へ
社会福祉実習準備室(k-242)では、現場実習及び、社会福祉士国家試験などをトータルサポートしています。他にも福祉系のアルバイト・求人情報などの情報提供も行っています。学校の行き帰りにふらっと立ち寄れる、そんな身近な場所でありたいと願っています。お気軽にお越しください。
閉じる
YAMAGUCHI MINORU
山口 稔 ヤマグチ ミノル
教授
担当科目
地域福祉の理論、ソーシャルワーク演習 他
所 属
社会学部現代社会学科
専門分野
地域福祉論、コミュニティワーク論
最終学歴
明治学院大学大学院修士課程修了 / 博士(社会福祉学)
研究テーマ
地域福祉の推進と住民の主体形成、コミュニティワークの方法
研究活動
『コミュニティ・オーガニゼーション統合化説〜マレー・G・ロスとの対話〜』(単著 関東学院大学出版会 ’10)
『地域福祉とソーシャルワーク実践(実践編)』(編著 樹村房’09)
『コミュニティとソーシャルワーク(新版)』(編著 有斐閣’08)
『社会福祉協議会理論の形成と発展』(単著 八千代出版’00)
e-mail
minoruy@kanto-gakuin.ac.jp
メッセージ
21世紀は本格的な地域福祉の時代といわれています。そして、地域福祉を推進するソーシャルワーカー養成への期待が高まっています。地域福祉が社会に根ずくかどうかは、これから社会福祉を学び社会福祉士になろうとしている皆さんの肩にかかっています。
閉じる

ADMISSION

入学者選抜情報
関東学院大学では、受験生一人ひとりが実力を発揮できるように、
多彩な選抜試験制度を用意しています。
下記から受験方式、日程、受験可能な学科などを絞り込んで、あなたに最適な受験方法を探してみてください。