入学者選抜情報
社会をデザインする

共生をめざす

ホーム > 共生をめざす

COEXISTENCE

共生をめざすとは
今、社会で起きている問題は、私たちの暮らしとつながっています。毎日のように排出するプラスチックごみや、生活に必要な電気のエネルギーが
地球の自然破壊を加速させています。また、失業や病気などで生活が困窮し、貧困状態に陥ることは誰にでも起こりうることです。
その問題をどのように解決し互いに支え合えるか。新しい共生のかたちをめざします。

環境社会学

再生可能エネルギーの新たな道筋
「持続可能な社会」の実現に
YUASA YOICHI
湯浅 陽一
担当科目
環境と社会の歴史、社会調査の基礎 他
今、もっとも関心がある研究テーマは?
新たな再生可能エネルギーを普及させていくために
2020年からスーパーのビニール袋(レジ袋)が有料になりましたが、「ごみとリサイクル」の問題は学生にとっても身近な生活につながるものであり、関心が高いテーマです。僕の場合は、現地の人に話を聞きに行く“フィールドワーク”が基本的な研究スタイルで、市役所のごみ担当部署やゴミ処理業者、リサイクルに取り組む社団法人や企業などにインタビューを行っています。時には学生を連れて行くことも。まずはごみの世界全体を広く知ることが大事で、その上でいかに有効なリサイクルシステムを作っていけるかを考えていきたいと思っています。また、かねてからエネルギーに関わる研究をしてきましたが、東日本大震災における福島第一原発事故を経験して、早急に日本のエネルギー政策を見直し、再生可能エネルギーを普及させていく必要性を感じたことから、エネルギーに関係する人々にもインタビューをしています。ごみとエネルギーから「持続可能な社会」を考える研究をしています。
もっと見る
その研究における醍醐味や、やりがいは?
ごみやエネルギーの構造を理解する
ごみの問題について、最近では「プラスチックをどうつきあうか」という視点から考えています。日本でペットボトルなどのリサイクルシステムの法律ができたのは20年ほど前です。そのときも国内で循環させる構想はありましたが、当時は経済成長の最中で、資源が欲しかった中国がペットボトルなどの廃プラスチッックを高く買ってくれていたことから、かなりの量が輸出されてきました。しかし、中国の国内市場が成長して2017年に輸入をやめたことで、日本はさらに年間何百万トンものプラスチックを処理しなければならなくなりました。その分、ごみ処理の施設も必要ですし、リサイクルするにしても設備や流通のシステムの整備、さらにそれをみんなが買って循環させなければなりません。最近ではプラスチックによる海洋汚染の問題もあります。リサイクルの取り組みは40年以上もの歴史がありますが、次々と新しい問題が出てきて、思うような成果は挙っていないのではないでしょうか。なぜ努力が実を結ばないのか。改めて全体を見まわし、この問題の構造を理解していきたいと思っています。
もっと見る
ご自身の研究領域で、どのように社会をデザインしますか?
地域社会で電力を供給し、地域おこしにつなげる
エネルギーに関しては意見が分かれるところですが、僕自身は脱原発から再生可能エネルギーにシフトしていく流れが強まるとみています。その際、今まで原発があることで恩恵を受けていた地域は財政収入がなくなってしまうという問題が生じます。そのことを地元の人たちも心配しているのではないでしょうか。地域の活性化は難しい問題ですが、様々な取り組みが行われています。そこで僕は、地域社会で再生可能エネルギーによる電力を供給し、加えて地域おこしにつなげる取り組みがたくさんあることを広く知ってほしいと思っています。これを“ご当地エネルギー”と呼びますが、太陽光エネルギーなどによる小さな電力会社を地域で作り、その電力を都市部に売ることで、地方でも自立した経済が確立されます。これまで電力の市場は大手が独占してきましたが、電気の自由化により地方の市民団体なども市場に参入できるようになりました。いろんなタイプの人が、いろんな形で関わり合い共生することで、再生可能エネルギーの新たな道筋が見え、「持続可能な社会」の実現に少しずつでも近づけるのではないかな、と考えます。
もっと見る

子ども家庭福祉

いろんな事情を抱えた人たちが
共生できる社会であるように
SHIBUYA MASASHI
澁谷 昌史
担当科目
子ども家庭福祉論、子ども虐待防止論、スクールソーシャルワーク論、ソーシャルワーク演習 他
今、もっとも関心がある研究テーマは?
⽀援が必要な⼦どもたちを地域でどのように守り、育てていくか
虐待や貧困などで、⽀援が必要な⼦どもたちを地域でどのように守り、育てていくか。そのためのよりどころとなる場所を開発することが、私の取り組んでいるテーマです。その発端は、2000年に児童虐待防⽌法が施⾏された頃に、国からの委託を受けた実態調査に参加したのが始まりです。いわば虐待対応のフロントラインである児童相談所は当時からかなりハードワークで、職員さんも消耗しきっていました。もはや児童相談所の対応だけでは、社会の中で「⼦どもを⽣み育てる」という営みが順調には進まないだろう。では、実際に地域の中でどう課題を引き受けていくのか。早急に考える必要性を感じました。また、私⾃⾝が今も「養育⾥親」として、実の親ごさんと⼀緒に暮らせないお⼦さんをお預かりして養育しているのですが、なぜもっと早い段階で実の親と⼦どもが共に育つ環境を地域の中で充実させることができなかったのだろうか、と。その思いが私の研究の根幹にあります。
もっと見る
その研究における醍醐味や、やりがいは?
信頼関係を築くための仕組み作り
親が疾患を抱えていたり、経済的に困窮している場合に、⼦ども⾃⾝が家庭以外に頼れる場所が地域の中にどれぐらいあるのか。3〜4年前に全国の市町村を調査したところ、地域での支援を強化したいという話は出るものの、積極的に整備しようという動きにはなっていないのが現状でした。その中で唯⼀、⼦どもの居場所に関しては比較的よく整備されていました。その中核にあるのが学童保育でした。では、この学童保育をどのようにして、家庭や学校とともに⼦どもの育ちをサポートする場所にしていくのか。学童保育へのインタビューを⾏ったところ、それには⽇ごろから学校の先生たちと話し合いのできる下地づくりが重要だということがわかりました。個々の⼦どもと保護者の状況を学童保育がしっかり理解した上で、学校と情報交換をする。その信頼関係を築くための仕組み作りも課題です。その際、⽀援が必要な保護者と⼦どもが追い詰められて孤⽴しないよう、その気持ちを置き去りにしないことも⼤切ですね。
もっと見る
ご自身の研究領域で、どのように社会をデザインしますか?
共感⼒を互いに発展させて、住みやすい地域を築く
学童保育は財政⽀援も⼿薄で、現場は⼦どもの⾯倒を⾒るだけで⼿⼀杯です。まずは市町村で学童保育の⼒を⽣かすために何をするべきか考えてもらい、並⾏して指導員さんのトレーニングをすることも必須です。私が学⽣さんにも伝えたいのは「うまくいかない理由は⼈それぞれいろんな事情があるんだよ」ということへの気づきです。私たちは住むところや働くこと、学ぶこと、いろんな⼈たちとつながりながら⽇常を送っています。けれど、病気になったり失業したら、その⽇常がスパンと切れて急に⽣活がうまくいかなくなる。そうしたことは誰にでも起こりうるんです。とはいっても「なぜこんな虐待するのかわからない」というのが実感かもしれません。それでも「⾃分だったらどうだろう」と考えるのも共感のひとつだと私は思います。いろんな事情を抱えた⼈たちが共⽣できる社会であるように、共感⼒を互いに発展させてどう住みやすい地域を築けるか。私も⼀緒に考えていきたいと思っています。
もっと見る

 

ADMISSION

入学者選抜情報
関東学院大学では、受験生一人ひとりが実力を発揮できるように、
多彩な選抜試験制度を用意しています。
下記から受験方式、日程、受験可能な学科などを絞り込んで、あなたに最適な受験方法を探してみてください。