教員紹介
山口 稔

山口 稔

担当科目

地域福祉論、社会福祉援助技術演習

氏 名 山口 稔 (ヤマグチ ミノル)
所 属 社会学部現代社会学科
学部担当科目 地域福祉論、社会福祉援助技術演習
専門分野 地域福祉論、コミュニティワーク論
最終学歴 明治学院大学大学院修士課程修了 博士(社会福祉学)
研究テーマ 地域福祉の推進と住民の主体形成、コミュニティワークの方法
主要業績 (1)『社会福祉援助技術各論Ⅱ』相川書房、1997年3月(編著)
(2)『社会福祉協議会理論の形成と発展』八千代出版、2000年5月(単著)
(3)『コミュニティとソーシャルワーク』有斐閣、2001年8月(共編著)
(4)『社会福祉援助技術論』相川書房、2002年5月(共編著)
(5)『地域福祉の担い手』ぎょうせい、2002年8月(共著)
(6)『地域福祉論』ミネルヴァ書房、2002年12月(共著)
(7)『地域福祉とソーシャルワーク実践』2005年9月(共編著)
メッセージ 21世紀は本格的な地域福祉の時代といわれています。そして、地域福祉を推進するソーシャルワーカー養成への期待が高まっています。地域福祉が社会に根ずくかどうかは、これから社会福祉を学び社会福祉士になろうとしている皆さんの肩にかかっています。
ゼミナール 個人が人として尊ばれ、家族や地域のなかで自立した生活が営める社会福祉のあり方を探求しています。各学生が自分のテーマをもってまちにでかけ調査し、ゼミナールで発表し、討論しています。理論と実践を通 じて、基礎的能力を修得します。
PAGE TOP
〒236-8502 横浜市金沢区釜利谷南3-22-1 TEL:045(786)7179
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.