教員紹介
橋本 和孝

橋本 和孝

担当科目

福祉社会学、地域社会計画論

氏 名 橋本 和孝 (ハシモト カヅタカ)
所 属 社会学部現代社会学科
学部担当科目 福祉社会学、地域社会計画論
専門分野 社会計画論、東南アジア社会学、地域社会学
最終学歴 法政大学社会学部卒、博士(社会学)
研究テーマ ベトナムにおける高齢者生活と若者の扶養観に関する研究、計画都市国家シンガポール社会の研究
主要業績 (1)『消費者論の視角』時潮社、1984年
(2)『生活様式の社会理論』東信堂、1987年(増補版1994年)
(3)『ソーシャル・プランニング』東信堂、1996年
(4)『社会調査ー歴史と視点』ミネルヴァ書房、1994年(共編)
(5)『都市社会計画と都市空間』御茶の水書房、2000年(共編)
(6)『三つの社会学的伝統』R・コリンズ著、私家版、1995年(共訳)
(7)『都市と消費の社会学』J・クラマー著、ミネルヴァ書房、2001年(共訳)
(8)Understanding Japan, Singapore and Vietnam, The Hokuseido Press, 2004
メッセージ 勉強のおもしろさは、無限の新しい発見です。旅が絶えず新しい経験をすることで知的関心を高めるように、勉強も無限の発見の旅なのです。何故?という問い。分かったつもりでも、またそこから新しい疑問が生ずるのです。大学という場で、是非皆さん、知的好奇心を開発し、充足してください。
ゼミナール 地域社会計画のゼミにふさわしく、3年生の時には私たちが学ぶ神奈川県の研究をしています。4年生は、卒業論文に取り組みますが、「長崎と神戸の観光事業」、「神奈川県における鶴見側の役割」「まちづくりにおける鉄道・駅の役割」、「日本とドイツの都市のあり方」、「神奈川県横須賀市と米軍基地」、「日本のテーマパーク」、「静岡県におけるサッカーの歩み」などのテーマに取り組んでいます。
個人作成web http://home.kanto-gakuin.ac.jp/~hoahieu
PAGE TOP
〒236-8502 横浜市金沢区釜利谷南3-22-1 TEL:045(786)7179
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.