学部案内
学部長からのメッセージメインイメージ

学部長からのメッセージ

学問を地域というフィールドに生かす。地域を活性化させるために。

現代社会が抱えるさまざまな問題を考察し、現象に囚われることなく本質を見極めて、現象の起こる要因と結果を構造的に解明する。それが「社会学」という学問です。現代社会は、グローバル化や情報化だけでなく、少子化・高齢化、異文化間摩擦、環境リスク等の多様な問題が市民の生活に影響を与えています。

関東学院大学の社会学部は、座学で得られる理論を活かして、現場から発想する課題解決力を重要視しています。そのために、基礎理論の「社会学」、その応用としての「社会福祉学」という学問を社会学部の二つの柱に据えています。理論を実践するフィールドとしては、横浜と湘南などの地域を想定。自治体や地域福祉施設や地域で活動しているNPOに参加するなどの行動から学ぶシステムを作っています。自身の目で見る・自身の耳で聞く・自身の肌で感じる=自らの感性と知性を活かして、問題から課題を抽出し、その課題を解決する方法を探求する。教員と学生が一緒になって現実から学ぶ。そういう関係を大切にしたいと思います。

もっと重要なことがあります。それは、多様な文化や人々への深い理解と共感、知識を活かす知性と教養、他者への思いやりと自身の視点の相対化(自分の視点に囚われないこと)を、大学の4年間を通して学んでほしい。関東学院大学社会学部は、多文化が共生する社会を目指してこれからの地域社会を地域の人々と一緒に創れる人を育てていきたいと思います。

社会学部 学部長

大澤善信 教授

福井県生まれ。専門は社会学理論、現代社会論。中央大学大学院で学んだ後、金沢大学での勤務を経て、2004年に関東学院大学に着任。主な著書に『ネットワーク社会と空間のポリティクス』春風社、『都市的世界』(共著)世界思想社、『21世紀社会の視軸と描像』(共著)お茶の水書房など。

PAGE TOP
〒236-8502 横浜市金沢区釜利谷南3-22-1 TEL:045(786)7179
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.