社会学部の学び
社会学部の教育力メインイメージ

社会学部の学びの特色

社会学と社会福祉学が学べます。

社会学と社会福祉学は隣接分野ですが、多くの大学では、学部や学科として分けられています。関東学院大学のカリキュラムの特徴は、2つの分野を同時に学ぶことができること。「社会福祉士」の国家受験資格と、社会調査士の資格の両方を取得することもできます。専門的な勉強と、幅広い視野を形成するための多様な学びが両立できる仕組みになっています。

社会福祉士の資格取得をサポートします。

全体合格率27.5%(2013年度)と難関の社会福祉士国家試験。卒業時の現役合格を目指し、社会福祉実習室のスタッフと教員が試験勉強のサポートをしています。自主勉強会の実施や過去問題の反復、模擬試験の開催や苦手科目克服のための特別補習まで、受験生が納得できるまで付き合います。2013年度は26名が受験し、8名が合格しました。2014年度からは「社会福祉総合演習」という国家試験対策に特化した授業を開設し、サポート体制の充実化を図っています。

社会調査士の資格が取得できます。

新聞などのマスメディアが実施する「世論調査」。テレビドラマなどで話題になる「視聴率調査」。これらはみな社会調査の一種です。聞き慣れない「社会調査」ですが、社会のいろいろなところで実施されています。この資格は、決められた単位を取得すると、社会調査協会から付与されます。3年生の時に「見込み資格」の取得ができるため、就職活動にも活用できます。昨年も40名が取得していますが、これは全国でもトップクラスの実績です。

国際社会で活躍する人材を育てます。

社会学部は、国際語である英語を必修化します。基礎を身につけたあと、「就職・実務英語(TOEIC)」や「海外語学演習」の授業により、より高い英語力を身につけることができます。専門科目にも、「グローバル社会論」「アジアの社会」「欧米の社会」「国際福祉援助」などを配置し、語学力と社会分析力の両面から、国際社会で活躍する力を身につけます。さらに、「国際社会福祉演習」や「社会学の実践」の中で、海外で学ぶ機会を設けています。

演習科目が充実しています。

社会福祉士や社会調査士に関連した演習科目に加え、「メディア・コンテンツ演習」や「地域貢献活動演習」、「社会学原典演習」など、多彩な演習科目を数多く設けています。少人数の授業で、社会人として求められる実践的な知識・スキルを取得しつつ、取材先や地域の人々との交流を通して、コミュニケーション能力を向上させることができます。

PAGE TOP
〒236-8502 横浜市金沢区釜利谷南3-22-1 TEL:045(786)7179
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.