教員紹介

社会学部教員コラム vol.100

2017.11.17 現代社会学科 澁谷 昌史

現場の風

 「事件は会議室で起きてるんじゃない!」という劇画中のセリフが一世を風靡したことがありますが、社会福祉を学ぶ上でも、少しの時間と交通費と事前学習という手間暇をかけて、教室の外に飛び出し、福祉的支援が行われる現場に出かけてみることが大切です。
 
 わたしが担当する3年生のゼミでは、夏休み期間中に施設見学へ行くようにしています。そうすると、教室の中で学んだものがリアルに見え始めるようになります。そして、「現場に行ったとき、もっとこんなことをインタビューしておけばよかったなぁ」「現場に行く前に、もっとこんなことを下調べしておいたらよかったなぁ」と思うようになります。それは、「世界が広がる」という体験にほかなりません。
 
 もしもあなたが社会福祉を学びたいなら、ぜひ現場の風を感じる機会を逃さないでください。
 

※大学にいちばん近い区役所の福祉部門を訪問。卒業生の中には、公務員として、市民生活を守っている人も少なくありません。
 

※赤ちゃんが暮らす施設内の一室。研究テーマにあわせて、いろいろな施設を訪問します。

 
 
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
◆ 教員コラムバックナンバーはこちら ◇
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

  • 一覧に戻る
PAGE TOP
〒236-8502 横浜市金沢区釜利谷南3-22-1 TEL:045(786)7179
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.